本文へジャンプ

ホスティングサービス/カスタムエラー表示 設定方法

エラー画面に関して

ホームページアクセス時に指定ファイルが無い時に表示される Not Found や、制限がかかっていてファイル表示が行われない Forbidden 等のエラー画面を、 .htaccess を使うことでオリジナルのエラーページへリダイレクトすることが可能です。

エラーページへリダイレクトの解説画像

カスタムエラー表示 設定方法

(1)設定ファイル (.htaccess) を作成する
次のような内容で、textファイルを作成してください。textファイルの名前は任意の名前でかまいません。
*Windowsでは、.(ドット)ではじまるファイルを作れませんので、任意の名前で設定ファイルを作成します。サーバアップロードした後、ファイル名を.htaccessへ変更して下さい。

htaccessの解説画像

書式
ErrorDocument エラーコード 表示したいメッセージ"もしくはファイル名


・ErrorDocument 500 /error/500.html
エラーコード 500 が発生した際に /error/ディレクトリ内の、500.html を表示させる。
・ErrorDocument 404 /error/404.html
エラーコード 404 が発生した際に /error/ディレクトリ内の、404.html を表示させる。

・ErrorDocument 500 "500 file not found"
エラーコード 500 が発生した際に 500 file not found とメッセージを表示させる。
・ErrorDocument 404 "404 file not found"
エラーコード 404 が発生した際に 404 file not found とメッセージを表示させる。

主なエラーコード表
エラーコード エラー条件
401 認証が必要なページへの認証失敗。
403 サーバが「読み出し禁止」にしているファイルへのアクセス。
*主にindex.htmlを設置していないフォルダへのアクセス時に表示されます。
404 存在しないファイルへのアクセス。
500 .htaccessの文法ミスや、アクセスしたCGIの異常終了。

(2)サーバへ転送する
FTPを使って、設定ファイルをホストに転送します。
設定ファイルは、置いたディレクトリと、そのサブディレクトリにも影響が出ますので一番浅い階層に設置してください。


(3)転送したファイル名の変更
設定ファイルの名前の変更
「htaccess.txt」から、「.htaccess」へ名前の変更をします。


(4)動作確認
.htaccessを設置するだけで設定は有効になりますので、各エラー条件を満たすアクセスを行いエラーが思ったとおりに表示されるか確認してください。
 

ページ上部へ