本文へジャンプ

SSL対応ページの利用方法

「お問い合わせフォーム」、「資料請求フォーム」、「各種お申込フォーム」などの通信データを暗号化する方法です。
サイトを暗号化するには、SSLサーバサービスにご加入いただいている必要があります。

SSL機能を有効にして通信データを暗号化するには、サイトのアドレスを変更する必要があります。
アドレスの「http:」部分を「https:」にすることでSSL機能が有効になります。

アドレスの変更例)
通常のアドレス:http://www.○○○○.ne.jp/
SSLのアドレス:https://www.○○○○.ne.jp/

https の最後の s は、セキュアという意味です(暗号化されて通信が行われます)。

ブラウザの鍵マーク表示とURL表示

SSL機能が有効になっていると、ブラウザのアドレス欄前後に鍵マークが表示されます。
またブラウザのアドレス欄は https://www.avis.ne.jp/ のようにアドレス先頭に「https」と表示されます。

Chromeの例

ブラウザの鍵マークが表示されている画像


Edgeの例

ブラウザの鍵マークが表示されている画像


IE11の例

ブラウザの鍵マークが表示されている画像

 

サービス別に調べる

お困りではありませんか?

設定が正しい時はこちらを

ページ上部へ