本文へジャンプ

汎用Webサーバサービス(旧サービス)からホスティングサービスへのCGI移行案内

CGI用のフォルダを作成

「my-cgi」というフォルダを予め作成し、全ての関連するCGIをこのフォルダ内に転送します。

データファイルのパスを変更

汎用Webサーバでは、データファイルを次のように絶対パスで指定します。

/ftp/home/userid/data/datafile.dat

ホスティングサービス向けのサーバでは、次のように相対パスで指定してください。

../data/datafile.dat

※先頭の「/ftp/home/userid/」を「../」に入れ替えるだけで結構です。
ここでは、userid とはサーバ移行前のFTPアカウントのことです。

パーミッションを変更

CGIの実行権限を与えるには、パーミッションを「700」と設定する必要があります。
また、データファイルのパーミッションを「600」と設定してください。

CGIを実行

上記設定変更が完了後、今まで通りCGIが実行できるはずです。
なお、手順通りに設定変更したことにも関わらずCGIが稼働しない場合、このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください へお問合せください。

 

サービス別に調べる

お困りではありませんか?

設定が正しい時はこちらを

ページ上部へ