本文へジャンプ

迷惑メール振り分け設定 - Thunderbird

avis迷惑メールフィルターサービスを利用すると、迷惑メールと判断されたメールの件名に「spam」という文字列が追加されます。ここでは、迷惑メールと判断されたメールを受信時に自動的に別フォルダーへ保存するようにする、振り分け設定を説明します。

設定は大きく分けて次の3つの手順からなります。

迷惑メール用フォルダー作成
迷惑メール振り分け設定
迷惑メールの動作確認

迷惑メール用フォルダー作成

迷惑メールを振り分けるためのフォルダーを作成します。ここでは「迷惑メール」という名前のフォルダーを作成する例を示します。

[ 例1 ]
作成するフォルダー名 : 「迷惑メール」
  1. Thunderbirdを起動し、画面上部で右クリックし、メニューバー(M)をクリックしてメニューバーを表示させます。

  2. メニューの「ファイル(F)」から「新規作成(N)」を選択し、「新しいフォルダー(F)」を選択します。

    Thunderbirdを起動し、新規フォルダーを作成する
  3. 作成するフォルダー名と、作成する場所を指定します。

    • 「名前(N):」へ「迷惑メール」と入力する。
    • 「作成先(C):」で「受信トレイ」を選択。
    指定したら「OK」をクリックします。

    作成するフォルダー名と、作成する場所を指定する
  4. 受信トレイ内に「迷惑メール」というフォルダーが作成されます。

    「迷惑メール」というフォルダーが作成される

迷惑メール振り分け設定

迷惑メールを振り分ける設定を行います。ルールは次のように設定します。
  • メールの「件名」に「spam」という文字列が入っている場合、「迷惑メール」フォルダーへ移動する。
  1. メニューの「ツール(T)」から「メッセージフィルター(F)」を選択します。

    「メッセージフィルター(F)」を選択

  2. 振り分けのためのルールを設定します。「新規(N)」ボタンをクリックします。

    振り分けのためのルールを設定

  3. 振り分けの条件を指定します。件名に「spam」が入っているメールを対象としますので、次のように設定を行います。

    • 「フィルター名(I):」へ任意のフィルター名を入力します。図では「迷惑メール1」というフィルター名を入力しています。
    • 「いずれかの条件に一致」へチェックを入れます。
    • その下の欄の一番左の枠で「件名」を選択します。
    • 真ん中の枠で「に次を含む」を選択します。
    • 一番右の枠へ「spam」と入力します。
    • 「以下の動作を実行する(P):」の一番左の枠で「メッセージを移動する」を選択します。
    • 「フォルダーを選択してください」と書かれているプルダウンメニューをクリックして開き、その中の「受信トレイ」→「迷惑メール」を選択します。
    • 入力項目を確認し「OK」をクリックします。
    振り分けの条件を指定

  4. 「メッセージフィルター」画面の「自動的にこれらのフィルターが上から順に評価されます。」の欄に、上記で作成したルールが追加されていることを確認し「OK」をクリックします。

    • 「自動的にこれらのフィルターが上から順に評価されます。」の欄に上記で作成したルール(図の例では「迷惑メール1」というルール)が登録されている。
    • 「有効」の欄のチェックボックスにチェックが入っている。
    • 確認したら画面右上の[x]をクリックして画面を閉じます。
    作成したルールが追加されていることを確認
  5. 以上で迷惑メール振り分け設定は終了です。

迷惑メールの動作確認

メールを受信し、迷惑メールと判定されたメールを受信すると、自動的に「迷惑メール」フォルダーへ移動されます。

迷惑メールの動作確認
®本サイト上で記載されている製品名および商品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。
 

ページ上部へ