本文へジャンプ

osCommerceのインストール例

ショッピングサイト構築ツール「osCommerce」をavisホスティングサービスでインストールする方法を紹介します。
※「ホスティングサービス 登録のお知らせ」にデータベース機能の情報が記載されていることを確認してください。

アプリケーションのダウンロード

株式会社ビットスコープより提供されているosCommerce日本語版をダウンロードし、解凍します。

.htaccess の作成、編集

osCommerceでは PHPの変数「register_globals」の値を変更する必要があります。
解凍したフォルダの中に「.htaccess」というファイルを作成します。

php_flag register_globals On

上記の行を追加して、保存します。

ファイルのアップロード

解凍したファイルを全てサーバの任意のディレクトリにアップロードします。
※拡張子「.php」のファイルは改行コードを「LF」にする必要があります。ファイルの改行コードを変更した場合はASCIIモードで転送します。

ファイルの属性(権限)の変更

アップロードしたファイルの属性(権限)をFTPソフトウェアで変更します。

ファイル名 属性(8進数)
/catalog/includes/configure.php 777
/admin/includes/configure.php 777

セットアップの実行

「http://www.WWWサーバー名/ディレクトリ名/catalog/install/」へアクセスします。

ようこそ osCommerce へ!

新規インストールを行うため、「New Install」ボタンをクリックします。

新規インストール

インストールするディレクトリとデータベースに関する項目を入力します。

データベース・サーバ <共用データベース機能>の「サーバー名」
ユーザ名 <共用データベース機能>の「FTPアカウント名」
パスワード <共用データベース機能>の「FTPパスワード」
データベース名 <共用データベース機能>の「データベース名」

「Continue」をクリックします。

Step 1:データベース・インポート

Step 1:データベース・インポート

データベースへの接続と設定を行います。「Continue」をクリックします。

データベースのインポートに成功しました

「データベースのインポートに成功しました。」と表示されましたら「Continue」をクリックします。

Step 2:osCommerce の設定

Step 2:osCommerce の設定

Webサーバの情報、SSLサーバの情報(使用するときは「SSLによる接続を有効にする」をチェックします)を指定します。
セッション情報をデータベースに保存する」を選択します。
設定を確認し、「Continue」をクリックします。

設定ファイルの書き込みが成功しました

「設定ファイルの書き込みが成功しました。」と表示されましたら、設定ファイルの書き込みが完了します。

ファイルの操作、属性の変更

FTPツールで以下のファイルを操作します。

ファイル名 操作・属性(8進数)
/catalog/images 属性を「777」
/catalog/install 削除
/catalog/includes/configue.php 属性を「444」
/admin/includes/configue.php 属性を「444」
/admin/backups(任意) 作成し属性を「777」

管理メニューログイン

ユーザ認証画面

「http://WWWサーバー名/ディレクトリ名/admin/」(管理メニュー)にアクセスします。
初期ユーザ、パスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。

ログイン後の管理メニュー

管理メニューよりショップの設定を行います。

カタログサイト(ショップ)

「http://WWWサーバー名/ディレクトリ名/catalog/」にアクセスします。

カタログサイト

エラーが表示されなければ、インストールは完了です。

 

ページ上部へ