本文へジャンプ

phpMyAdminのインストール例

phpMyAdminはWWWブラウザからMySQLデータベースの管理を行うアプリケーションです。
ここではavisホスティングサービスで設定する例としてWWWサーバーのphpMyAdminディレクトリにインストールする方法を紹介します。
※「ホスティングサービス 登録のお知らせ」にデータベース機能の情報が記載されていることを確認してください。

アプリケーションのダウンロード

アプリケーションの配布元http://www.phpmyadmin.net/home_page/より提供されているファイルをダウンロードし、解凍します。

設定ファイルの作成、編集

解凍してできたフォルダの中にある「config.sample.inc.php」ファイルを「config.inc.php」という名前でコピーします。

「config.inc.php」をテキストエディタで編集します。
※このファイルは改行コードが「LF」となっているため、Windows OSに付属の「メモ帳」などのエディタでは、改行がされずに表示されます。複数の改行コードに対応したテキストエディタをご利用下さい。

編集箇所

※「ホスティングサービス 登録のお知らせ」の<共用データベース機能>の内容を記述します。

次の内容を修正してください。

  • $cfg['Servers'][$i]['extension'] に 'mysqli' が設定されていますが、'mysql' に変更してください。
    設定例(35行目):
    $cfg['Servers'][$i]['extension'] = 'mysql';

  • $cfg['blowfish_secret'] に 'a8b7c6d' が設定されていますが、任意の文字列を入力し直して、セキュリティを向上させます。
    設定例(17行目):
    $cfg['blowfish_secret'] = 'ここに任意の半角英数字を入力してください';

次の内容を37行目以降に追加してください。

  • $cfg['Servers'][$i]['host']」に<共用データベース機能>の「サーバー名」を設定します。
    設定例:
    $cfg['Servers'][$i]['host'] = "dbx.xxx.xxx";

  • $cfg['Servers'][$i]['only_db']」に<共用データベース機能>の「データベース名」を設定します。
    設定例:
    $cfg['Servers'][$i]['only_db'] = 'xxx';

次の警告メッセージを出力しない方法

リンクテーブル警告

  • $cfg['PmaNoRelation_DisableWarning'] にtrueを設定することによって、上記メッセージが出力されなくなります。
    設定例:
    $cfg['PmaNoRelation_DisableWarning'] = true;

mcrypt警告

  • $cfg['McryptDisableWarning'] にtrueを設定することによって、上記警告メッセージが出力されなくなります。
    設定例:
    $cfg['McryptDisableWarning'] = true;

 

 

ファイルのアップロード

FTPソフトウェアで解凍したファイルを全てサーバーのディレクトリ(phpMyAdmin)にアップロードします。
※拡張子「.php」のファイルは改行コードを「LF」にする必要があります。ファイルの改行コードを変更した場合はASCIIモードで転送します。

設定完了 - phpMyAdminへのアクセス

インストールしたディレクトリ(http://www.xxx.xxx/phpMyAdmin)にアクセスします。

ログイン画面


ユーザ名とパスワードを入力して実行し、ログイン後次のような画面が表示されれば設定完了です。

設定完了後のphpMyAdmin画面

 

 

ページ上部へ