本文へジャンプ

XOOPSのインストール例

XOOPS(ズープス)はコミュニケーションサイトを構築する上で必要な機能を豊富に備えたWebアプリケーションです。
ここではavisホスティングサービスで設定する例としてWWWサーバーのトップページにインストールする方法を紹介します。
※インストール、設定を行うためにはWWWブラウザでCookie、JavaScript、リファラー送信を有効にしている必要があります。
※「ホスティングサービス 登録のお知らせ」にデータベース機能の情報が記載されていることを確認してください。

アプリケーションのダウンロード

XOOPS日本語版の配布元http://xoopscube.jp/より提供されているファイルをダウンロードし、解凍します。

ファイルのアップロード

解凍したファイルの「html」フォルダの中を全てサーバにアップロードします。
※拡張子「.php」のファイルは改行コードを「LF」にする必要があります。ファイルの改行コードを変更した場合はASCIIモードで転送します。

ファイル・ディレクトリの属性(権限)設定

アップロードした「uploads」「cache」「template_c」「mainfile.php」に書き込み属性(権限)を設定します。FTPソフトウェアで設定します。

ファイル・ディレクトリ名 属性(8進数)
uploads 707
cache 707
template_c 707
mainfile.php 606

上記の属性に変更します。

初期設定

WWWブラウザでWWWサーバにアクセスします。

インストール作業に使用する言語を選択

インストール作業に使用する言語に「japanese」を選択して「次へ」をクリックします。

イントロダクション

データベース、およびパス・URLの設定

データベース、およびパス・URLの設定
※インストール先の情報に合わせて変更します。

データベースサーバのホスト名 <共用データベース機能>の「サーバー名」を指定します。
データベースユーザ名 <共用データベース機能>の「FTPアカウント名」を指定します。
データベースパスワード <共用データベース機能>の「FTPパスワード」を指定します。
データベース名 <共用データベース機能>の「データベース名」を指定します。
XOOPSへのパス 「/ftp/home/FTPアカウント名」 を指定します。
XOOPSへのURL 「http://www.ホームページアドレス」を指定します。

入力後、「次へ」をクリックします。

設定内容の確認

設定内容の確認

入力内容が正しければ、「次へ」をクリックします。

設定の保存

設定の保存

mainfile.phpへの書き込みが正常に行われた場合は、「次へ」をクリックします。

パス・URLのチェック

パス・URLのチェック

エラーが無いことを確認し「次へ」をクリックします。

データベース設定の確認

データベース設定の確認

設定が正しければ、「次へ」をクリックします。

データベースをチェック

データベースをチェック

エラーが無いことを確認し「次へ」をクリックします。

データベーステーブル作成

データベーステーブル作成

エラーが無いことを確認し「次へ」をクリックします。

サイト管理者についての設定

サイト管理者についての設定

サイト管理用の「管理者ユーザ名」「管理者メールアドレス」「管理者パスワード」を入力し、「次へ」をクリックします。

データの生成

データの生成

エラーが無いことを確認し「次へ」をクリックします。

完了

インストール完了

インストールが完了します。

ログイン

ログイン画面

インストール完了後、「サイト管理者の設定」で入力した管理者アカウントでXOOPSにログインします。

管理者画面に入ると次のメッセージが表示されます。

注意メッセージ

指示に従って、FTPソフトウェアを使用し「install」ディレクトリを削除して「mainfile.php」ファイルの属性を「404」へ変更します。

メール送信設定

「管理メニュー」から「システム管理」→「一般設定」→「メール送信設定」の画面を表示します。

メール送信設定

「メール送信方法」を「PHP_mail()」から「sendmail」などに切り替えます。

デバッグモードをオフ、サイトを閉鎖

デバッグモードをオフ、サイトを閉鎖

設定を変更した際、画面下にメッセージが表示されることがあります。メッセージの出力を抑制するには、「一般設定」で「デバッグモードを有効にする」「オフ」にします。
構築中の間は「サイトを閉鎖する」「はい」に設定します。

 

ページ上部へ